忍者ブログ

JFRMCブログ

JFRMCについてのメモです。

マクラーレン MP4/4

 RACERSの三栄書房から
GP Car  Story Vol.01 McLaren MP4/4 が出版されています。
 
その中でホンダRA168Eエンジンの出力について、「685馬力」(74頁)、「900bhp(671kW)」(67頁)の2種の表記があります。671kWはメートル法馬力では
 
671×1000/(75×9.81)=912PS になります。これをフット・ポンド馬力に換算すると
 
912×75/(550×0.3048×0.4536)=899.51≒900bhp になります。
 
おそらく900bhpという数字が初めにあって、これをkWに換算したのが「671」なのでしょう。
 
 1988年当時、1.5リッターターボエンジンは過給圧2.5バールに制限されていましたが、これは絶対圧で、大気圧(1バール)に対する相対圧では1.5バールになります。出力は過給圧(絶対圧)に略比例しますので、900bhpはあり得ない数字です・・・2.5バールが相対圧なら絶対圧3.5バールで、900bhpもあり得る数字です。まさか、ライター氏が勘違いしたということはないと思いますが。
 
 なお、72頁に市田氏の回想として、川本氏が「NAのV10も考えていらしたようです」とあります。当時、ホンダは1.5リッターV10ターボエンジンを試作していました(CG誌に保存されていたエンジン写真が掲載されました)が、これのことではないでしょうかね。
 
 他にも疑問のある記述がありますが、専門ではないのでこれくらいにしておきます。技術面に関する記述についてはこちらの方をお勧めします。 
「マクラーレン・ホンダターボのすべて」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E2%80%95%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%AEF1%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3-%E3%83%90%E3%83%A0%E3%82%BC%E3%82%A4/dp/4876871027


PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[06/27 山元 正年]
[04/10 野田]
[04/08 Bou_CK]
[05/21 野田]
[05/21 NONAME]
[04/04 野田]
[04/04 大槻幸雄]
[11/02 野田]
[11/02 XR40]
[10/10 野田]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
野田健一
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析