忍者ブログ

JFRMCブログ

JFRMCについてのメモです。

Replica vol.1 RZV500RーRG500ΓーNS400RーARCHIVES

内外出版のムックです。
ちょっと気になる写真が掲載されていたので購入しました。市販車の記事について私が何かを言えるレベルではありません。

レース関係の記事で気になったのは

86頁「(1980年日本GP)当日の決勝レースでは、壮絶な4位争いを繰り広げていたグループのうちの1台が転倒し、みんなが巻き添えをくった。~最終的には3位表彰台に立ってみせたのである」

「4位」ではなく「2位」。4位争いで転倒し追い上げて2位→おかしいと思わないのだろうか。
実際のレース展開はこちら。 http://jfrmc.ganriki.net/ow48/ow48-2.htm

87頁「(1982年)全戦全勝(7連勝)」

 「出場した全戦で全勝(7連勝)という記憶。

88頁「(1984年)前年使った’83年型RGΓ500貸与と」
 1984年に水谷が乗ったマシンはRGB500(市販)のはず。

98頁「(1984年型NSR500)シーズン7戦に出走して4勝をマーク」

 「6戦に出走して4勝」の誤り。

南アフリカ:スペンサーがプラクティスを走るが、レースは欠場
イタリア:スペンサー優勝
スペイン:スペンサー欠場
オーストリア:スペンサー2位
西ドイツ:スペンサーNSで出場
フランス:スペンサー優勝
ユーゴスラビア:スペンサー優勝
オランダー:スペンサーリタイア
ベルギー:NSR出場せず
イギリス:マモラ優勝、スペンサーはこれ以降欠場
スェーデン:NSR出場せず
サンマリノ:NSR出場せず
(特記ない限りマシンはNSR500)

52頁「ちなみにTTフォーミュラ1の競技規則が改正されて、'84年から2スト500㏄も参戦できるようになったため(4ストは750㏄まで)」

 1977年にTT-F1がマン島で行われた頃から2ストロークは500㏄まで。1980、1981年の鈴鹿8耐で2ストローク400㏄単気筒マシンが走っている。1984年に改正されたのは4ストロークの排気量(1000→750㏄)。
 
他にも気になる記述がありますが、あまり調べる気にはなりません。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/07 野田]
[03/05 読者]
[03/04 野田]
[03/03 読者]
[02/25 野田]
[02/25 齋藤勝之]
[02/01 野田]
[01/31 POLO]
[06/27 山元 正年]
[04/10 野田]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
野田健一
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析