忍者ブログ

JFRMCブログ

JFRMCについてのメモです。

いつの日も遠く(安川力 著)

ヤマハの安川力氏の自伝が公開(連載中)されています。
https://global.yamaha-motor.com/jp/profile/technology/daysgoneby/#new

 原書はコミュニケーションプラザのライブラリーにあります。
「生い立ち~三菱重工」あたりは省略され、ヤマハに入社した頃から始まっています。

 トヨタ2000GTプロジェクトの前に関係があった某社や車のデザイナーの某氏の名前は書いてありませんが、当時の経緯をある程度知っている人なら分りますね。

 このような貴重な資料をネットで公開されたことに感謝します。
PR

RACERS Volume 47

 遅くなりましたが本日入手しました。
 
 で、
http://jfrmc.ganriki.net/zatu/rc211v-balance.htm
の追記2に次の文を加筆しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
RACERS Volume 47(2017三栄書房)23頁で、上のウェブサイト、本と同じライター氏が「~スロットルの開け始めのスピニングを抑制する目的で、それまでの不等間隔爆発から、同ピンである前1-2番と、後4-5番の点火タイミングを同爆に変更した仕様も投入された」とあり、相変わらず同じ誤りをしている。
 同誌の83頁の諸元表は「HONDA 発表値」で、2004年型の同爆仕様の点火順序は「♯2,4→♯3→♯1,5」で、点火間隔は「180° 255.5° 284.5°」となっている。これは上のNo1と同じ。
 当該ライター氏の無理解を理由に同時点火仕様はないと判断していたが、訂正する。

駐車禁止




愛知県足助町で見かけました。ポルトガル語ですね。愛知県にはポルトガル語を母国語とする人が多いということだと思いますが、英語を理解する人より多いのでしょうか。単に人数だけの問題ではないことを示唆しているように思います。

広汽本田

なぜかこんな帽子が家にあります。

製造している車はエンジンも含めて基本的に中国製です。
日本で製造している車にも海外の部品がかなり使用されているようですね。
http://jp.hondatrading.com/jp/business/parts/index.html

ニッサン ノート e-POWER


http://www.nissan.co.jp/SP/OM/NOTE/1709/manual_t00um5wk2a.pdf 
から引用。

正常なときは、パワースイッチをONにすると点灯し、数秒後に消灯します。
● パワースイッチがONのとき、次の場合に点灯します。
リチウムイオンバッテリーの残量が極端に低下しているとき
真冬の屋外などで、リチウムイオンバッテリーの温度が極端に低いとき
上り坂の連続⾛⾏などで、⾛⾏⽤モーターやリチウムイオンバッテリーなどの温度が極端に⾼いとき
– 発電出⼒が制限されているとき


● 点灯中は⾛⾏⽤モーターまたは発電⽤モーターの出⼒が制限され、アクセルペダルを踏み込んでも速度が上がりにくくなります。


上り坂連続走行や真冬放置後では出力が低下してまともに走れないということですな。
なんと素晴らしいエコ車でしょうか。「やっちゃえ ニッサン」にふさわしい車だと思います。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/05 読者]
[03/04 野田]
[03/03 読者]
[02/25 野田]
[02/25 齋藤勝之]
[02/01 野田]
[01/31 POLO]
[06/27 山元 正年]
[04/10 野田]
[04/08 Bou_CK]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
野田健一
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析