忍者ブログ

JFRMCブログ

JFRMCについてのメモです。

ヤマハ 0W23は1974年に1勝したか?

https://www.yamahamotogp.com/500-victories/bikes?filterby=years&filter=&order=asc
 0W23が1974、1975年に6勝したことになっています。1975年にヤマハは500㏄クラスで5勝していますので、0W23が1974年に1勝したということになります。

 ヤマハ0W23は1974年ベルギーGPで登場しアゴスチーニが乗り2位でしたが、チームメイトのランシボリは0W20に乗りました。次戦スエーデンGPでランシボリが優勝したのですが、ランシボリは0W23に乗ることはなく、スエーデン、フィンランド、チェコスロバキア(最終戦)と0W20に乗りました。つまり0W23は1974年に1勝していません。したがって、同頁中の0W20の優勝回数も誤り。
 詳細はこちら。http://jfrmc.ganriki.net/ow23/ow20-2.htm

「0W23がベルギーGPで登場したのだから、その後のヤマハの戦績はライダーに関係なく0W23によるもの」とヤマハのサイトのライター氏(委託?)が思ったのでしょう。あるいは従来の誤り記事をそのまま写したのでしょうか。

 写真はチェコスロバキアGPでのランシボリ。0W20と0W23の区別がつかない方には無意味ですが。
PR

ヤマハRD56は1969年に1勝したか?

1964、1965年の世界GP250㏄チャンピオンマシン・ヤマハRD56は1966年以降、各国の輸入元等に貸し出されレースに出場しました。市販レーサーとV型4気筒ファクトリーマシンRD05/RD05Aの間を埋めるマシンという位置づけでしょうか。

 フィル・リードが優勝した1969年イタリアGP250㏄についてのオートバイ誌1969-10の記事では「~P・リードが、ツインのヤマハ旧型工場レーサーで久しぶりに登場~」とあります。これだけ読むと、リードのマシンは市販レーサーTD2ではなくファクトリーマシンRD56ということになります。

 で、ヤマハのGP500勝記念サイトでもリードのマシンはRD56になっています(62勝目という位置づけ)。
https://www.yamahamotogp.com/500-victories/victories
 マシン編の
https://www.yamahamotogp.com/500-victories/bikes?filterby=years&filter=&order=asc
でRD56が優勝した年に1966年があるのは1969年のつもりなのでしょう。RD56は1966年に勝っていません。ヤマハが1966年に250㏄で挙げた1勝はRD05によるものです。

 1969年イタリアGP250㏄の画像をネットで探したのですが見つかりませんでした。でも燈台下暗し、私が持っている本にその写真がありました。左コーナーを走るリードを右斜め後方から写したもので、マシンは明らかに右チェーンのTD2(同時に写っているベネリ4気筒は左チェーンで正しく写っているので、ネガの裏焼きではない)。
 
 そんな訳で、1969年イタリアGP250㏄で優勝したマシンはRD56ではなくTD2である可能性が高いと思います。

※「可能性」としたのは写真が予選のもので、レースでは別のマシンが用いられた可能性が否定できないからです。
 ただ、件のサイトの他の誤りから推定できるライター氏の仕事ぶりからすると・・・

SUZUKA Sound of ENGINE

http://www.suzukacircuit.jp/soundofengine/

SUZUKA Sound of ENGINE が開催されます。スポンサーの関係か4輪中心のイベントになっているのが残念です。ただNSR500等が走行することも今月になって発表されています。昨年の例からもさらに走行する2輪が増える可能性もあります。

私が見に行くかどうかは今のところ未定ですが・・・

ちょっとだけ公開公正

http://www.honda.co.jp/SEEVERT/gallery/13_rc181/
「平均時速108.77マイル≒174km/h」
1マイル1.609344kmでなく1.6kmで計算しているのが何とも・・・

http://www.honda.co.jp/SEEVERT/gallery/07_rc143/
「(RC143)23ps/14,000rpmまでアップしたのである」
どんな資料を見たのだろう。

「4バルブ・べべルギヤ駆動のRC143型エンジンを搭載した2RC143というマシンが誕生した」
現存する2RC143のエンジン打刻がなぜ2RC143なんだろう。

http://www.honda.co.jp/SEEVERT/gallery/05_rc115/
「1961年にHondaが世界グランプリ50ccクラスに投入した4ストローク単気筒のRC111が一新され、1962年に世界初の4ストローク、2気筒50ccレーサーRC112がデビューした」
何を勘違いしているのか。世界GPに50㏄クラスが設けられたのは1962年シーズンからなのだが。

「1965年~7戦中5勝を挙げ」、「(1966年)6戦中3勝を挙げ」
1965年は欠場したUSGPを除外して「7戦」、1966年は欠場した日本GPを含み「6戦」。何かを丸写しして確認していないのかな。

「RC116は最大出力14ps/21,500rpm」
1973年に公開されたデータだが今となっては・・・

http://www.honda.co.jp/SEEVERT/gallery/02_rc142/
「ライトウエイト125ccクラス」
ウルトラライトウエイトの誤り。

「6位谷口のタイムは1時間34分8秒」
1時間34分48秒の誤り。したがって「タルキニオ・プロビーニの記録に遅れること6分43秒」も誤り。

http://www.honda.co.jp/SEEVERT/gallery/03_rc166/
「'66年、マグネシウムやチタン等の軽金属を多用した大幅な軽量化が施され、最大の問題であった熱対策もオイルクーラーを設ける事により解決された6気筒最終型となる"RC166"が完成」
当初は3RC165が用いられた。ところで1965年は「軽量化」されていなかったようだ。
 
「(1966年)Hondaが不参加の2レースを除き、出走した全てのレースに優勝」
不参加だったのはボイコットした最終戦日本GPのみ。優勝しなかったアルスターGPではグレアムが6気筒で出場している。「Honda」を「ヘイルウッド」にすれば正しくなる。

「(1967年)一方ヤマハがRD56に替わり前年登場させた2ストロークV型4気筒"RD05"が十分な信頼性を獲得」
RD05が登場したのは1965年の終盤。1967年には改設計されRD05Aになった。

「総獲得ポイントは同点」
有効ポイントの勘違い?

出力表示

出力表示は

 kW あるいはPS、HPが用いられます。

PSはドイツ語pferdestärkeの略で日本ではメートル法馬力の記号として用いられます。
HPは英語horsepowerの略です。ややこしいのは英語の代表国イギリス、アメリカはメートル法ではなくヤード・ポンドが幅を利かせていることです。
で、
1ヤード・ポンド馬力(550フット・ポンド/秒)=1.014メートル法馬力(75kgf・m/秒)
になります。馬力に2種類あることを知らない方が少なくないので、イギリス、アメリカでのHP表記をそのままPSに書き換えている場合もあるようです。

ロードスター1.5リッターの馬力表記も
日本 96kW 131PS
ドイツ 96kW 131PS
フランス 96kW 131ch
イギリス 96kW 129bhp または131ps

と129と131の2種類あるのもそのためです。

日本では(現在は)kWが基本でPSを用いることも認められています。雑誌等では馬力の単位がなぜかイギリスに倣ってpsがよく用いられているようです。キロワットもkwと表記されることが少なくありません。

参考 bhpはbrake horse power です。堂々とbritish horse power と書いた工学部出身の自動車評論家がいたような記憶です。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/07 野田]
[03/05 読者]
[03/04 野田]
[03/03 読者]
[02/25 野田]
[02/25 齋藤勝之]
[02/01 野田]
[01/31 POLO]
[06/27 山元 正年]
[04/10 野田]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
野田健一
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析