忍者ブログ

JFRMCブログ

JFRMCについてのメモです。

出力表示

出力表示は

 kW あるいはPS、HPが用いられます。

PSはドイツ語pferdestärkeの略で日本ではメートル法馬力の記号として用いられます。
HPは英語horsepowerの略です。ややこしいのは英語の代表国イギリス、アメリカはメートル法ではなくヤード・ポンドが幅を利かせていることです。
で、
1ヤード・ポンド馬力(550フット・ポンド/秒)=1.014メートル法馬力(75kgf・m/秒)
になります。馬力に2種類あることを知らない方が少なくないので、イギリス、アメリカでのHP表記をそのままPSに書き換えている場合もあるようです。

ロードスター1.5リッターの馬力表記も
日本 96kW 131PS
ドイツ 96kW 131PS
フランス 96kW 131ch
イギリス 96kW 129bhp または131ps

と129と131の2種類あるのもそのためです。

日本では(現在は)kWが基本でPSを用いることも認められています。雑誌等では馬力の単位がなぜかイギリスに倣ってpsがよく用いられているようです。キロワットもkwと表記されることが少なくありません。

参考 bhpはbrake horse power です。堂々とbritish horse power と書いた工学部出身の自動車評論家がいたような記憶です。
PR

神戸製鋼

ロードスターSにはアルミ部品が多く使われています。
http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/feature/weightsaving/?link_id=sbnv

この多くが神戸製鋼製ではないか・・・何か傷物になった気分です。

所有するバイクのアルミフレームのアルミ材も神戸製鋼製かもしれないと思うとやるせない。

それにしてもこの会社、何やってるんだか。今日の神戸製鋼の株価もストップ安で値がつかなかったのも当然でしょう。

いつの日も遠く(安川力 著)

ヤマハの安川力氏の自伝が公開(連載中)されています。
https://global.yamaha-motor.com/jp/profile/technology/daysgoneby/#new

 原書はコミュニケーションプラザのライブラリーにあります。
「生い立ち~三菱重工」あたりは省略され、ヤマハに入社した頃から始まっています。

 トヨタ2000GTプロジェクトの前に関係があった某社や車のデザイナーの某氏の名前は書いてありませんが、当時の経緯をある程度知っている人なら分りますね。

 このような貴重な資料をネットで公開されたことに感謝します。

RACERS Volume 47

 遅くなりましたが本日入手しました。
 
 で、
http://jfrmc.ganriki.net/zatu/rc211v-balance.htm
の追記2に次の文を加筆しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
RACERS Volume 47(2017三栄書房)23頁で、上のウェブサイト、本と同じライター氏が「~スロットルの開け始めのスピニングを抑制する目的で、それまでの不等間隔爆発から、同ピンである前1-2番と、後4-5番の点火タイミングを同爆に変更した仕様も投入された」とあり、相変わらず同じ誤りをしている。
 同誌の83頁の諸元表は「HONDA 発表値」で、2004年型の同爆仕様の点火順序は「♯2,4→♯3→♯1,5」で、点火間隔は「180° 255.5° 284.5°」となっている。これは上のNo1と同じ。
 当該ライター氏の無理解を理由に同時点火仕様はないと判断していたが、訂正する。

駐車禁止




愛知県足助町で見かけました。ポルトガル語ですね。愛知県にはポルトガル語を母国語とする人が多いということだと思いますが、英語を理解する人より多いのでしょうか。単に人数だけの問題ではないことを示唆しているように思います。

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[06/27 山元 正年]
[04/10 野田]
[04/08 Bou_CK]
[05/21 野田]
[05/21 NONAME]
[04/04 野田]
[04/04 大槻幸雄]
[11/02 野田]
[11/02 XR40]
[10/10 野田]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
野田健一
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析