忍者ブログ

JFRMCブログ

JFRMCについてのメモです。

RACERS Volume 48(4)

56頁に次の記述がある。
「’76デイトナでヤマハは車体も750㏄専用設計の新型TZ750(0W31)をデビューさせた。このマシンもAMA認定のため、市販価格4万ドルとされた」

 1976年の0W31をTZ750としている・・・何か根本的に勘違いしているのでは?

 また、「市販価格4万ドル」はひょっとしたらAMAのclaming rule※のことを指しているのか?
そうなら「市販価格」はおかしな表現。


※優勝マシンを一定価格で買い取ることができる制度。プライベートライダーのマシンとファクトリーマシンの差を埋めるためのもの。

ところで、52頁下中と61頁上右の写真が同じだが、説明が異なる。61頁が正解。
PR

RACERS Volume 48(3)

70頁に次の記述がある。

「(TZ750Dがファクトリーマシン0W31の)フルコピー=同一機種とすれば、市販車でなければ出場できないレースにファクトリーマシンで出場できるというメリットもあった。F750シリーズも、最後の’79シーズン以外は、「25台以上製造されたマシン」というホモロゲーション規定があり、そこに5台程度しか存在しなかったYZR500が出場できたのは、TZ750の改造車として認められたからである」

 ライター氏のいう「市販車でなければ出場できないレース」が何なのかよくわからない、というか、そんなレースあるのかと思う。

 F750は「25台以上生産された車のエンジンを使用する」であるため、市販車の車体を使用する必要はない。だからこそ1976年型のTZ750Cと似ても似つかぬ車体の0W31が1976年のF750を走ることができた。つまり「(エンジンも車体も)市販車でなければ出場できないレース」ではない。

 日本国内は、公認車両制で、TZ750Dは公認された。当時の全日本選手権は「市販車でなければ出場できないレース」に近く、公認車両以外はポイント対象外だった。そして1977年型0W31はTZ750Dとフレームが異なるため、公認車両とならずポイント対象外だった。

 そして「YZR500が~TZ750の改造車と認められた」に至っては全く理解できない。

 ところで、70頁で紹介されたソノートカラーのTZ750だが、1983年に現物を見たことがある。今回記載されたフレーム番号と同じだった。そして「TZ750D/E/Fを合わせて250台超という生産台数は~」とあるのは、フレーム番号からの推定だろう。このあたりを含めて、この頁の記述には思うところもあるので、後日書くことにする。

(12月5日追記)
 このライター氏は「YZR500が~TZ750の改造車と認められた」を全日本選手権と思っているのではないか。別のライター氏が83頁で、1978年、1979年の日本GPでYZR500(YZR750の誤り)が走ったように書いているし、しかも単に「750㏄」ではなく「全日本F750」としているので、国内レースもF750と同じ規定だと考えているようだ。
 なお、1979年日本GPで、金谷は2分14秒67ではなく2分14秒05をレース中に出している。

RACERS Volume 48(2)

80頁
「特に当時のヤマハの場合は富士のクラブマンレース~に出場を限定していた」
 ヤマハのライダーがファクトリーマシンでクラブマンレースに出場したことがあった?
市販レーサーだが国内市販されていなかったTZ750をファクトリーマシンというのがライター氏の認識かも。

でも
「’72年のカワサキH2Rに続いて’74年にヤマハTZ750が販売されると、エントリー台数も増え~」とあるので、ライター氏の考えは分らない。なお、H2Rは国内市販されず、TZ750の国内市販は1977年からなので、1974年ころは両車ともポイント対象ではなくFL=フォーミュラリブレだった。

80-81頁
「~翌’73年にカワサキの和田正宏H2Rで更新、同時にこのふたりの激しい一騎打ちは歴史的対決として語られている。この戦いにピリオドを打ったのは~河崎裕之だったが~」

 二人の一騎打ちはシーズン序盤の鈴鹿の1戦のみ。次の鈴鹿以降、隅谷は欠場、雨の日本GPでは和田は転倒リタイア、久しぶり出場の隅谷はピットインリタイア。という訳で「ピリオドを打ったのは隅谷+ホンダRSC」。

81頁
「●’73年/和田正宏~(日本GP・レース中)」
 レース中ではなくプラクティス中。レースは雨だった。

写真説明では
80頁
「’74年の日本GP~(モノサス仕様の0W19と思われる)」
普通の位置にクッションユニットが写っている。
鈴鹿での第1戦と思われる。

81頁上
「これは’79年のTBCビッグロードレース~YZR500と思われる」
1976~1979年に日本国内レースでYZR500が走っていなかったことを知らないのに記事を書かされて可哀そう。

82頁
「この世界GP500に5戦出場し~」
第1戦フランス~第5戦イタリアまで出場したが、第2戦スペインは500㏄クラスがなかったので「4戦」が正解。18頁写真説明で「第4戦イモラを最後に帰国~」とあるのは「500㏄第4戦」の意味でこちらがむしろ正解に近い。

83頁
「~’80年からは全日本500が制定されTZ500が販売される」
1980年は750㏄クラスのままで、TZ500は菅生(第?戦)で姿を現し、少しずつ出走台数を増やし、日本GPでTZ750に乗ったのは佐藤順造だけだった記憶。つまりTZ750も走っていた。



80~83頁のライター氏は
http://jfrmc.ganriki.net/zakkan/kousei/kousei8.htm
で取り上げた記事のライター氏のようで、誤りのパターンが同じように思う。


RACERS Volume 48

今回は「ヤマハ2スト並列4気筒の時代 YZR&TZ750/500」です。

 のっけから6-7頁の写真を1978年イギリスGPに間違えていますね。正解は「1979年イギリスGP」です。
 特徴のあるシリンダーヘッド、CFRPサイレンサー、マシン横のスポンサーステッカー等々、当時を知っていたら間違えるはずはないのですが。
  
 10頁上の写真説明、アゴスチーニをP・リードと間違えています。2位入賞したのがリードなので、思い込みでリードと思ったのでしょうか。
 
 14頁下の写真「1979年スペインGP」も
〇黒く塗られたクランクケース
〇タンク塗装
〇前ブレーキキャリパー
から1980年の0W48と思われます。

 もちろん、写真に写っている
〇フラットスライドYPVS
〇ゴムシート(後サスペンションアーム上)
も1980年型の特徴ですが、1979年に用いられなかった保障はありません。
1980年型を確実に裏付けるのは上の3点です。

 これだけでもうお腹一杯ですね。

 ところで、以前のRACERSで1979年型YZR750を0W46としていましたが、マシン名称は0W31
で、0W46は0W31用の改良パーツ開発プロジェクトのコードネームと訂正されています。従来の誤りはライター氏の思い込みによる記述だったようですが、困ったものです。
そんな訳で、
http://www.geocities.jp/noda_keni/y/ow31/ow31.htm
の記述も修正しました。

SUZUKA Sound of ENGINE

行ってきました。

土曜日は事情で元々行けなかったのですが、天気が悪くて内心ほっとしていました。で、日曜日のみ行ったのですが・・・GPスクエアでの展示も少なく、というか、昨年、パドックで展示されていたTIME TRAVEL PARKINGがそんままGPスクエアに移動しただけ。つまり、昨年のGPスクエアの展示物がごっそり消えていたのです。
当然、ヤマハ、スズキの協力もなし。昨年、展示されていたニッサン、マツダもなし。
ニッサンR382とマツダ787Bは走りましたが・・・
ホンダNSR500(3台)+RC211Vは走りましたが、ストレートを走り抜けたのは2回だけ、つまり3周走ったのみ。

海外からF1マシンを呼ぶために金を使い果たしたのか・・・スポンサーのRICHARD MILLEによるRICHARD MILLEのためのイベントという感が強くなったイベントでした。
昨年、一昨年と購入したプログラムも買わず。とても2000円も払う気になりません。

まあ、入場料+駐車場代としてはした金を払う二輪ファンとしては、3月のファン感謝デーの方をお勧めしたくなる内容でした。無料のファン感謝デーが有料だったとしても。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/07 野田]
[03/05 読者]
[03/04 野田]
[03/03 読者]
[02/25 野田]
[02/25 齋藤勝之]
[02/01 野田]
[01/31 POLO]
[06/27 山元 正年]
[04/10 野田]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
野田健一
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析